御由緒

山口縣護國神社は日清戦争以降、山口県出身の殉国の英霊を慰霊するため、明治36年、防長靖献会を設立して、以後毎春、現在地の南に隣接する桜畠練兵場で盛大な招魂祭を斎行したことに始まります。

昭和14年、招魂社制度が整備され、県内一円を崇敬者区域とする招魂社を創建することとなり、社殿の造営に着手、昭和16年8月に現社殿が竣工しました。

山口県では、明治2年(1869年)に創建された東京招魂社(明治12年に靖国神社に改称)に先立つこと4年前の慶応元年(1865年)に藩命により創建された桜山招魂社を始めとして、 以後明治元年までに16社もの招魂社が県内各地に創建されたのでした。

その後も、県内には招魂社建立が相次ぎ、昭和20年までには22社もの官祭招魂社が創建されました。そうした招魂社は、合併された1社を除いて、すべて現在も社殿が維持され祭祀が続けられています。

昭和16年8月に現社殿が竣工すると、ただちに内務大臣より山口縣護國神社の指定を受け、指定護国神社となりました。同年11月26日、既に靖国神社の御祭神となられた山口県出身の御霊7,158柱を合祀し、翌27日に鎮座祭が斎行されました。

以来、幾多の事変、戦争で亡くなられた山口県出身の英霊を合祀し、慰霊の祭祀を厳修しています。


◎招魂社や護国神社のことを詳しく知りたい方はこちらをクリック神道講座

copyright © yamaguchiken-gokokujinjya All right reserved.